2010年04月19日

ロープロファイルクーラーの画像

ご要望があったので、ZOTAC H55ITX-A-Eにロープロファイルクーラーを取り付け写真。

DSCF7977_.jpg
SCYTHEの大手裏剣。
Mini-ITX基盤の殆どが隠れてしまう大きさで、ヒートパイプの方向に気をつけて取り付ければメモリとの干渉は避けられますが、一番上のPCIスロットが完全につぶれています。
これはマザーのCPUソケットが従来のMini-ITXマザーよりも右下に配置されている所為もあるのですが。

DSCF7978_.jpg
高さは非常に低いのでかなり無茶なケースにでも入りますが…。


DSCF7980_.jpg
TermaltakeのMeorb。
背が非常に低く、マザー基盤のさまざまなものと干渉します。
取付金具が合わないため(LGA1156非対応)ただCPUソケットの上に置いただけです。
切り欠き部分をどちらに向けるか工夫することで、メモリかPCIスロットのどちらかの干渉は回避できます。

DSCF7981_.jpg


DSCF7982_.jpg

SCYTHEの手裏剣B。
ヒートパイプの先端側をメモリ側へ向けることで、メモリ、PCI両方への干渉を回避できます。

DSCF7983_.jpg
しかし、PCIスロット側はかなりギリギリです。

DSCF7984_.jpg

GPUクーラーの取付金具や背の高いチップが背面にあると、CPUクーラーに接触します。
写真は玄人志向のHD5570ですが、背面に配置されたメモリチップやコンデンサなどが、CPUクーラーのフィンと1〜2ミリしか離れていません。
PCに衝撃を与えたらぶつかりそう('A`)

DSCF7986_.jpg

ちなみに、今回使用したケース、SilverStoneのSilverstone SST-SG05B-Bだと、HISのHD5670 IceQは余裕で収まります。
たぶんHD5770ぐらいまではいけそう。

DSCF7989_.jpg

HD5570より背面の突起物が少なくて、こっちのほうがより危険が少なそうだったりする。


DSCF7994_.jpg

TermalTakeの桜扇、ISGC-100。
高さは他のクーラーより高いですが、写真の通り殆ど誤差。
その分マザーとの干渉が少なく、扱いやすいと思います。

DSCF7996_.jpg
PCIボードとの干渉もギリギリですが手裏剣より余裕があり、取り付けに不手際が無ければ自然にパーツ同士が接触することはないはずです。

posted by しなま at 20:34| Comment(1) | 組み立て
この記事へのコメント
解説付きでとても参考になりました。
手裏剣Bが良いなぁと思いました。
Posted by たにし at 2010年04月20日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。